読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりのベイカー

私の子供があとピーであると診断されたのは、2歳になっ立ところのことでした。









足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、かゆみ止めとしてステロイドをもらいました。









そうして2年ちょっとステロイドを与えつづけて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、皮膚の赤みの症状は中々収まらず、ぜんぜん良くなりません。









そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、ご飯の見直しも行ったら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。









便秘に効く食料品は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食品などを指しています。









大変な便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。









この状態を消えさせて、便を出やすく柔らかくするため、はじめに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。









最近は毎年恒例のように冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。









年々予防注射を実施する人も増加していきていますが、都市部ではとても多くの人がインフルエンザになっているのです。









感染経路は多種多様だはずですが、特に電車や街中、シゴト先など、大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。









喫煙や飲酒の自由も得られます)数と触れる場所で感染しているのではないでしょうか。









実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。









1年くらい前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせ立ところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少し立という番組を見たことがあります。









私の娘が受験生でしたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。









乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。









私には乳酸菌サプリと言えば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。









昔からうられていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつも私のおなかをしっかりと守ってくれていたのでした。









「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはやっぱりビオフェルミンなのです。


http://htijtnnekigtehsveham.cocolog-nifty.com/







毎日つづけて摂っている乳酸菌のおかげで私の体はおもったより健康的になることができたのでした。









朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。









ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘をせずに過ごせます。









乳酸菌を取り入れるようになってから、お肌の調子も良くなって、ダイエットも出来ました。









乳酸菌が身体に良いものだということは有名な事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。









この説も事実かもしれません。









それは、当然、体質は個人差というものがありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、効き目が出る薬ではないからです。









まず、合うかを試してから判断するべきです。









ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指2本分程離れた場所で存在する天枢(てんすう)です。









また、おへその下5cmくらいのところに存在するふっけつというツボも良いと思います。









手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。









便秘のパターンによっても、効果を得ることができるツボが違うので、ピッタリのツボを押すと効果がでやすいでしょう。